tomoomot + blog

Copyright © 2009-2015 Miyashita Tomoyoshi All rights reserved.

展示のお知らせ

自分の展示もそろそろですが、
塗師の佐藤阡朗さんの展示の紹介をしたいと思います。

3月29日~4月3日まで

ギャラリーおかりや
〒104-0061東京都中央区銀座4-3-5銀座AHビルB2F

http://www.g-okariya.co.jp/gallery.html
↑ギャラリーおかりやの案内です。

 佐藤阡朗さんの木曽平沢の工房に、何度かお邪魔していますが、
その都度、制作にまつわる話や、上塗りの段取り、技術に関してなど、話が非常におもしろい。
 技術的な質問でも、丁寧に細かく話していただき、話を聞いていると、
高揚してきて、ワクワクして帰ってから教えていただいたことを実践したくなる。
なるほど~が、何度もある。(緊張ももちろんありますが。)

 これほどまでに計算された上塗りは、自分はできたことはありません。
漆をこよなく愛し、漆の特性を知り尽くしている。
これだけ漆のことを知れたら、どんな景色が見えるのだろうと。
上塗りの美しさ。漆の塗りたての美しさ。
漆を勉強する学生さんは特に見ていただきたいと思います。
自分も展示の合間を見て、勉強しにいきたいと思います。


 

今年の展示予定

来年の事ではなく、今年の事なので、鬼に笑われずにすみそうです。
2017年の展示の予定です。
鬼に笑われないような展示をしようと思います。
 
 個展予定

 3月末   AYUMI GALLERY    東京 神楽坂 
 4月  ババグーリ伊勢丹新宿店 東京 新宿
11月 nara          大阪 中央区上町
12月 in-kyo                               福島 三春
12月 ババグーリ松屋銀座店  東京 銀座


また、ワークショップ、漆の会なども予定しています。
nara
in-kyo
ShingosterLIVINGなど

新たに、月一の金継ぎ教室も予定してます。
神楽坂にて。

詳しくは、随時お知らせさせていただきます。
今年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
  
  

上塗りワークショップを終えて

shingosterLIVINGさんでのワークショップを終えました。
参加いただいた皆さまと、漆の魅力に触れ合える、
気持ちの良い時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
今年一年は、”伝えること”をテーマとして過ごしています。
自分が、師匠、先生、先輩、職人さんに教授いただいたこと、伝えていただいたこと、
それによって考え、導くことができた方法論、未熟ながらも持てる技術、など、
器を制作して作品の発表としてはもちろんですが、ワークショップなど、
他の違った形でも、すべてを人に伝えていきたいと思っています。

自分が、今やりたいこと、大好きな漆を続けられているのは、
惜しげもなく自分にすべてを伝えてくれた人のおかげです。
損得勘定でなく、僕を見続けてくれる恩師や職人さん、家族のおかげです。
その得た感動を、これからもっと伝えていく機会をつくりたいと思います。
そしてもっと勉強しよう。

漆を通して、出会えた方がとてもたくさんいて、
僕は幸せな人生を過ごしている。

紹介して頂きました

ただいま発売中の、クロワッサン。
料理家の内田真美さんの連載欄に、器を紹介いただきました。

内田真美さんの娘さんの誕生のお祝いに、
ご注文いただいた御重が紹介されています。
お渡ししたのは5年前。
3人家族に似合う御重の大きさ、深さ、形のやわらかさ、重さ
当時の自分なりにいろいろ考えて作らさせていただいたことを、
記事を見ていろいろと思い出しました。
完成したときに嬉しかったことも。
 
 
しばらく、掲載の御重の制作はできていませんでしたが、
来年末の展示にはお見せできるように、準備したいなと思います。

 
漆が育つのも、子供の育つ姿も嬉しい。




 
 
 

紹介して頂きました

先日の展示の前でしたが、
長谷川ちえさんに漆の器を紹介いただきました。

WEB
暮らしとおしゃれの編集室
の中で器を紹介いただきました。
http://kurashi-to-oshare.jp/goods/11520/?utm_source=antenna&utm_medium=content-text&utm_campaign=antenna

展示は終了しましたが、
引き続き取り扱いいただいていますので、
晩秋の三春in-kyoさんにどうぞお出かけください。

お出かけの際は、立ち寄り温泉、朝日屋の三春揚げ、愛宕神社からの景色、
仁井田本家のお酒、えすぺりのごはん、凸屋敷などなど町散策を。

今日もin-kyoの明かりは、町の誰かの灯台のようになっている気がします。

copyright © 2013 tomoomot All rights reserved.