tomoomot + blog

Copyright © 2009-2015 Miyashita Tomoyoshi All rights reserved.

角田真秀さんの料理教室

   
角田真秀さんの料理教室におじゃまさせていただきます。
6月末にレシピ本「一汁一菜」をテーマにした共著を出版されることもあり、
教室のテーマは「一汁一菜」ということです。
 
場所は、
下北沢のfoglinenworkの2階です。
http://www.foglinenwork.com/jp/

7月5日6日
11時から14時まで。

参加費6000円

メニュー :とうもろこしの炊き込みごはん
      夏野菜のカレー  
      タイのラープ
      野菜の味噌汁 山椒仕立て

漆の器に盛り付けをして、基本的な漆の扱い方や、普段使うことの楽しさなどを
お話ししたいと思います。漆の器に関する疑問や手入れの仕方もお伝えしたいとおもいます。


詳細、お申込みに関しては、角田さん宛てにメールでお願いいたします。
sumiyalife@gmail.com

お申し込みは6月3日の21時から受け付け開始です!

詳しくは、角田さんのインスタグラムで!

よろしくお願いします。
 
 
 
 
先日の角田さんとの打ち合わせでは、
新月ということで、今後の目標を掲げました。

1.家族(身内)を大切にする。
2.早寝早起きの生活を続ける。
3.お金のことから逃げない。(お金を大切に扱う)
4.自分が学んだことは、すべて人に伝える。
5.自分と価値観が違う相手を認める。

こんなところでわざわざ書かなくてもいいのですけれどね。
恥ずかしいことをわざわざするのも今年のテーマなので。

金継ぎ教室 募集のご案内

神楽坂横寺町「一水寮金継ぎ教室」2017年4月開講 

 
神楽坂横寺町の一水寮は、東京都の重要有形文化財の建物です。

時代と共に、住む人によって手を加えられ、70年余りを大切に住みつがれてきました。

2016年に改修された一水寮は、これからも人の出会いの場として楽しそうな予感をさせてくれます。

そんな長い時間と共に住みつがれてきた一水寮で、少し時間をかけて大切な器を金継ぎして直しましょう。

 

日本産漆を使い、欠けたり、割れたりした陶磁器を修復する技法、コツを伝えます。

漆の扱いには、少しだけ手間と時間がかかりますが、コツをつかめばどなたでも扱えます。

大切な器を直しながら、漆の話をしましょう。



道具の内容、休んだ時の事、空き状況など以下のサイトに詳細をまとめてあります。↓

 

   

全8回(+補講も予定しています)

 

午前の部:9時30分~12時30分 / 午後の部:14時~17時  各6名

 

月1回の方:第2、最終土曜日のどちらかを固定。(4月~11月まで)

月2回の方:月第2、最終土曜日の両方。(4月~7月まで)

 

・第2土曜日(4/15,5/13,6/17,7/8,8/5,9/9,10/7,11/18)※4月は15日に変更。6月は17日に変更。8月は5日に変更。11月は18日に変更。

・最終土曜日(4/29,5/27,6/24,7/29,8/26,9/23,10/28,11/25)※9月は23日に変更。

 

会費:48,000円(道具代を含みます。道具箱の内容は以下サイトをご覧ください。)

 

○欠けの場合:4~6回で直せます。

○割れの場合:8回程度で直せます。

 

場所:神楽坂一水寮 悠庵 (東京都新宿区横寺町31)

放課後金継ぎ研究室

18時~20時 (月一回、最終土曜日)

日中の教室とは別に、実際に器を直す作業と、道具つくりを自由に見ることができます。

金継ぎがどんなものか見たい人はどなたでも来てください。という場にしようと思います。

作業内容は、事前に告知します。予約は必要ありません。

(道具つくりの際に、参加する方は材料費のみかかります)

 

 

 

お問い合わせ:miyashitatomokichi@gmail.com 

お申し込みの際は

月1回/月2回

午前/午後

いずれかご希望の日程をお知らせください。
少しずつ込み合ってきました。空き状況をご確認の上
お申し込みをよろしくお願いいたします。

道具の内容、休んだ時の事、空き状況など以下のサイトに詳細を載せています。
よろしくお願いいたします。
https://tomoomot.wixsite.com/urushi/blog

 

 

伊勢丹新宿本店

伊勢丹新宿本店5階ババグーリにて
弁当箱と、箸の展示を開催中です。

ババグーリのお店の一角で、
10年間作り続けている2段入れ子の弁当箱と、
3つ入れ子の小さい弁当箱、箸の紹介をいたします。
弁当箱に合わせて、ババグーリさんに風呂敷をご用意いただきました。

弁当箱お求めの方には風呂敷がついてくるのです!
 
 
今週は、31日、1日、2日の2時から6時まで在店しますので
どうぞよろしくお願いいたします。

宮下智吉

展示のお知らせ

自分の展示もそろそろですが、
塗師の佐藤阡朗さんの展示の紹介をしたいと思います。

3月29日~4月3日まで

ギャラリーおかりや
〒104-0061東京都中央区銀座4-3-5銀座AHビルB2F

http://www.g-okariya.co.jp/gallery.html
↑ギャラリーおかりやの案内です。

 佐藤阡朗さんの木曽平沢の工房に、何度かお邪魔していますが、
その都度、制作にまつわる話や、上塗りの段取り、技術に関してなど、話が非常におもしろい。
 技術的な質問でも、丁寧に細かく話していただき、話を聞いていると、
高揚してきて、ワクワクして帰ってから教えていただいたことを実践したくなる。
なるほど~が、何度もある。(緊張ももちろんありますが。)

 これほどまでに計算された上塗りは、自分はできたことはありません。
漆をこよなく愛し、漆の特性を知り尽くしている。
これだけ漆のことを知れたら、どんな景色が見えるのだろうと。
上塗りの美しさ。漆の塗りたての美しさ。
漆を勉強する学生さんは特に見ていただきたいと思います。
自分も展示の合間を見て、勉強しにいきたいと思います。


 

紹介して頂きました

ただいま発売中の、クロワッサン。
料理家の内田真美さんの連載欄に、器を紹介いただきました。

内田真美さんの娘さんの誕生のお祝いに、
ご注文いただいた御重が紹介されています。
お渡ししたのは5年前。
3人家族に似合う御重の大きさ、深さ、形のやわらかさ、重さ
当時の自分なりにいろいろ考えて作らさせていただいたことを、
記事を見ていろいろと思い出しました。
完成したときに嬉しかったことも。
 
 
しばらく、掲載の御重の制作はできていませんでしたが、
来年末の展示にはお見せできるように、準備したいなと思います。

 
漆が育つのも、子供の育つ姿も嬉しい。




 
 
 

copyright © 2013 tomoomot All rights reserved.